モコカフェのコーヒー・紅茶はすべてハンドドリップです

セットドリンクも単品注文と同じクオリティのものです

dsc_0322

通常モーニングセットやランチセットのセットドリンクのコーヒー・紅茶と言えば業務用の安いコーヒー豆やペットボトルの業務用紅茶が殆どでマシンを使って淹れたコーヒー・紅茶になり おかわりも出来る原価の安いドリンクになります

モコカフェのコーヒーはすべてグレードの高い最高品質のコーヒー豆を使用 紅茶もフォションのものを使っていますしかもマシンではなくすべてハンドドリップで抽出しています アイスコーヒー・アイスティーもハンドドリップで抽出したホットコーヒー・ホットティーを氷で急冷したものを使用しています

 モーニング・ランチご注文の場合

430円のドリンク→50円

480円のドリンク→100円 になります

珈琲・紅茶メニュー

オリジナルブレンド  430円

dsc_0488_01

1)本日のブレンドホット

3種類の豆をブレンド ブラジル・コロンビア・キリマンジャロのブレンド(さわやかな酸味と香り)

日によってキリマンジャロブレンド・モカブレンド・ケニアブレンドになります

dsc_0574

2)ブレンドアイス 480円

タンザニアとブラジルの深入りブレンド(コクのある苦みが特徴)

dsc00768

ボダムの2重グラスで提供 断熱性能が良いのがメリット

ストレートコーヒー  全品480円

dsc_0573

以下の記事はモコカフェが仕入れている生豆本舗

ホームページからの転記になります

1)ブラジル ニブラ

id347_pic011

世界最大のコーヒー生産国、南米ブラジル。そのブラジルの中で「これぞブラジル!」と云われるのが「ニブラ」なのです。日本珈琲貿易株式会社創設以来、ブラジルの最高峰といえば「ニブラ」と賞賛されているそうです。

広大で豊かなミナス・ジェライス州セラードと山岳地帯のスル・デ・ミナスの、スクリーン18M以上の肉厚のあるフルボディーの豆を厳選し、香り、甘味、酸味コクのバランスが良く旨みのあるブラジルコーヒーに仕上げています。その味はブラジル単品だけなのに、フルブレンドした様なふくよかな味となっています。
フルシティまで焼いて、粗挽きでサッと落とすのも美味いですね。

2)コロンビア ナリーニョ・スプレモ

 

ナリーニョはコロンビアでも特にコクのあるコーヒーを輩出する名産地です。スプレモはサイズの規格で大粒を意味します。コーヒーを分類分けする際、コロンビア産は中米でありながらコクが強いため別枠(コロンビアマイルド)として分類されます。しかし実際にはコクのあるコロンビアは南部産の赤道に近い地域になります。例えばブレンドを作る際、同じ生産国という事で北部と南部を分けずに使用する事は、異なるブレンドを作っていると言っても過言ではありません。重厚感溢れるワンランク上のブレンドにおすすめの一品です。

COEコロンビア2012が行われました。2012年は30受賞農園の内15農園がナリーニョ。相変わらずの名産地です。甘い香りと重厚感が持ち味で、ストレートは勿論、ワンランク上のブレンドにも使いたい一品です。

3)タンザニア ンゴロンゴロAA++

id28_pic011

火山性土壌 天日乾燥 2ハゼの始まりでチョコレートフレイバー タンザニア最大シッパーテイラーウインチが自信を持ってお届けする従来のAAグレードを超越したAA TOP。社長シュックミラーが厳選したエリア指定物です。バランスの取れたテイストはご賞味戴ければ歴然とご理解戴けます。

4)エチオピア モカクイーン

エチオピアの大手輸出業者に“モプラコ社”があります。同社はエチオピア全域のコーヒー産地事情に精通しています。日本の商社が“これぞエチオピア!!”と言えるコーヒーを依頼したところ、産地のカップテイスターがあらゆる地域の特性を生かしたエチオピアンミックスを作り上げました。その味わいは実にモカらしく、それでいて欠点豆は少なくクリーンな味わい。その上品で華やかなところから“モカ・クイーン”と名付けられました。「イルガチェフェのナチュラルはきつ過ぎ~」そんな方に試して頂きたい程良い一品です。

5)ケニア レッドマウンテン

id26_pic011

ケニアの首都ナイロビより北東約300kmに位置するケニア山。その南に広がる高原地帯に位置するニエリ地区の中心、ニエリCityの北東にある“Nieri Hill Farm”よりこのRed Mountainは生まれます。この地域は、ケニアの中でも高品質なコーヒーが生産されることで有名な地域です。

 “Red Mountain”の名の由来は、この土地に広がる土壌、“キクユ”にあります。“キクユ”は肥沃な赤土として有名で、この土地で取れる“レッドマウンテン”はこの赤い大地の恵みをいっぱいにその実に詰め込んでいます。
もちろん、丁寧に完熟した実だけをハンドピックした直後に精製、そしてより完璧な乾燥状態を得る為、ドライテーブルにて天日乾燥されます。
そのカップにはケニア独特の柑橘系の酸味・スパイス系の香味、それを支えるしっかりとした質感がそなわっています。

6)ブラジル エスプレッソレディー

id171_pic021

“肉は腐りかけが美味しい”そんな話聞いた事ありませんか? コーヒーも同じような事が言え、完熟実でも過熟実に近い、深い赤色のコーヒーを特別に集めています。又、精選方法の2種をブレンドしているのも特徴です。規格はNo.2で、一般的にはスクリーンは17/18ですが、これは16以上とやや小粒。エスプレッソに最適なコーヒーというコンセプトで作られました。レディーは“~用に”という意味で“お姉ちゃん”ではありません。

モコブレンドは上記のストレートコーヒー豆をブレンドしています

現在はブラジルニブラ・コロンビアナリーニョコンサカ・タンザニアンゴロンゴロAA++のブレンドです

アイスコーヒーはエスプレッソレディ・タンザニアンゴロンゴロAA++の深炒りブレンドです

   紅茶メニュー

1)フォション アップルティー 

  ホット430円アイス480円 

       

2)フォションモーニングティー

ブレンド茶葉ですが朝に飲むのにおすすめ

渋みが強いためミルクとの相性抜群

エスプレッソメニュー  480円

使用する豆はブラジル・エスプレッソレディーとタンザニアAA++のブレンドを深煎りした極細挽きです

1)エスプレッソ  

高圧蒸気で抽出した苦みの強いイタリヤの定番コーヒー デミタスカップ(小さいカップ)での提供になります

2)カプチーノ

エスプレッソとスチームドミルク(泡立てたミルク)

dsc_0612

3)カフェマロッキーノ

チョコとカフェラテのベストマッチ

dsc_0599

dsc_0600

4)キャラメルラテ

優しい甘さのキャラメルとカフェラテ

dsc_0605

dsc_0606

5)シェカラート

2杯分のエスプレッソのアイスカクテル

6)アイスカフェラテ

エスプレッソとミルク

dsc00756

7)アイスカフェモカ

カフェラテとチョコ

567はアイスメニューです

有機JAS認証オーガニック紅茶メニュー全品480円

1)イングリッシュブレックファースト          程よいコクと深みのあるしっかりとした味わいミルクティーに最適

2)アールグレベルガモットオレンジの香るフレーバーティー

3)ダージリンティー

インドより茶葉を取り寄せスリランカでブレンド貴重な茶葉独特の渋みが特徴

4)ブラックティーチャイ

有機紅茶ベースにカルダモンシナモンなどをブ レンドはちみつとの相性抜群

5)カフェインフリーブレックファースト

 ディカフェ製法にてカフェインを取り除いた新商品

6)スーパーベリー

ハイビスカスとラズベリー等のベリーをバランス良く配合したフルーツティー

7)ペパーミント

メンソール系ハーブティーの代表気分のリフレッシュに最適  

8)カモミール

 林檎のような甘い香りの植物ヨーロッパで最も歴史のある民間薬としても有名

9)ジェントルイブアイスティー

イギリス発のアイス専用オーガニックティー