2022年2月より焙煎コーヒー豆の真空パック処理と防湿アルミ缶保存をして コーヒー豆劣化の原因となる「酸素」「紫外線」「多湿」の対策を行い豆の鮮度保持の向上を図りました

Follow me!